SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
  • 生活保護費徴収問題
    元利用者 (04/03)
  • 生活保護費徴収問題
    元利用者 (04/03)
  • 生活保護費徴収問題
    いろは (12/25)
  • ホームレス自立支援法:民主、5年延長の方針 今国会成立目指す - 毎日jp(毎日新聞)
    key (02/05)
  • 福岡市のホームレス支援費、仲介業者が不正請求 最新ニュース特集 九州発 YOMIURI ONLINE(読売新聞)
    FJ (12/28)
  • 福岡市のホームレス支援費、仲介業者が不正請求 最新ニュース特集 九州発 YOMIURI ONLINE(読売新聞)
    FJ (12/28)
  • 「武富士」旧経営陣に55億円の賠償求め提訴 - MSN産経ニュース
    れ投資家武富士 (12/06)
  • プロミスの最終赤字拡大 アコム、アイフルは黒字  :日本経済新聞
    れ投資家過払い金 (11/15)
  • 武富士、今度は法人税の巨額還付請求 被害者救済に充当予定も国税当局判断不明 - MSN産経ニュース
    名無し (04/12)
  • 司法書士会の現状について
    さなえ (10/02)
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

司法書士かけはし輝元の業務日誌

過払い請求、任意整理、自己破産、個人再生等の債務整理と魚町商店街(魚町銀天街)活動に邁進する司法書士
<< 過払い金返還訴訟:プロミス側、逆転敗訴か 最高裁が弁論指定 - 毎日jp(毎日新聞) | main | 賦課金請求事件 >>
福岡市のホームレス支援費、仲介業者が不正請求 最新ニュース特集 九州発 YOMIURI ONLINE(読売新聞)
0

    福岡市のホームレス支援費、仲介業者が不正請求  最新ニュース特集  九州発  YOMIURI ONLINE(読売新聞)

    http://kyushu.yomiuri.co.jp/news/national/20110622-OYS1T00193.htm

     

    生活保護を受けるホームレスの人たちが賃貸住宅に入居する際、敷金などの初期費用として支給される入居支援費を巡り、福岡市内で不動産仲介業者による水増しや架空請求などが相次いでいることが、市の調査で分かった。少なくとも約170件の不正請求の疑いがあり、市は不正を認めた業者1社から16件分、計107万円を返還させ、さらに十数社を対象に調査、一部については県警に被害届を提出している。

     

     市保護課によると、入居支援費は生活保護の住宅扶助として支給され、同市では19万2000円(今年3月までは24万円)が上限になっている。申請者は入居を希望する物件について、初期費用の見積書や計算書を添えて各区の窓口で申請する。市は上限額の範囲内で申請者に現金で支給し、領収書と照合している。

     

     しかし、見積書、領収書ともに業者が作成する場合がほとんどで、大阪市で昨年5月、敷金などを水増し請求した不動産仲介会社の元店長が詐欺容疑で逮捕される事件が起きたのを受け、福岡市は調査を開始。

     

     申請者と家主や管理会社との間で結ばれた賃貸契約書と照合したところ、見積書では15万円が計上されている礼金が実際の契約書では0円だったり、敷金が水増しされていたりするケースが多数判明。ホームレスに生活保護を適用するようになった2009年3月以降で、見積書と契約書の内容が食い違うケースが約170件見つかった。

     

    (2011年6月22日  読売新聞)

    | - | 18:30 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
    ホームレス支援費不正請求事件についてご報告

    2011年12月2日
    (社)福岡県宅地建物取引業協会 博多支部
    支部長 柴山 利博

    ホームレス支援費不正請求事件において3社が処分決定されました。
    福岡県宅地建物取引業協会県本部に不正請求検討委員会が設置され、検討に検討を重ねた結果、3社に【 厳重注意 】という処分が決定しました。
    不正請求を行った事実は認めていますが、現在行政および警察も情報公開しておらず、自ら証拠書類の提出もない現在の状況において出された結論です。
    不正請求検討委員会に博多支部からは一人も選任されておらず、処分決定に至る詳細な経緯は公表されていません。
    今後、行政および警察より情報公開また処分が公表されますので、3社だけでなく不正請求を行った業者は、厳しい処分が下されるという事です。
    博多支部では3社の内、2社が中央支部の役員、班長という事もあり、事態を重く受け止めています。
    今後の動向を注視していきますが、不正請求をした3社には自主的に説明責任を果たしていただきたいと願います。

    不正請求で処分決定された3社は以下の会社です。
    株式会社 泰山
    有限会社 アイネット
    株式会社 アーウェイ・ミュウコーポレーション
    | FJ | 2011/12/28 10:53 AM |

    ホームレス支援費不正請求事件についてご報告

    2011年12月2日
    (社)福岡県宅地建物取引業協会 博多支部
    支部長 柴山 利博

    ホームレス支援費不正請求事件において3社が処分決定されました。
    福岡県宅地建物取引業協会県本部に不正請求検討委員会が設置され、検討に検討を重ねた結果、3社に【 厳重注意 】という処分が決定しました。
    不正請求を行った事実は認めていますが、現在行政および警察も情報公開しておらず、自ら証拠書類の提出もない現在の状況において出された結論です。
    不正請求検討委員会に博多支部からは一人も選任されておらず、処分決定に至る詳細な経緯は公表されていません。
    今後、行政および警察より情報公開また処分が公表されますので、3社だけでなく不正請求を行った業者は、厳しい処分が下されるという事です。
    博多支部では3社の内、2社が中央支部の役員、班長という事もあり、事態を重く受け止めています。
    今後の動向を注視していきますが、不正請求をした3社には自主的に説明責任を果たしていただきたいと願います。

    不正請求で処分決定された3社は以下の会社です。
    株式会社 泰山
    有限会社 アイネット
    株式会社 アーウェイ・ミュウコーポレーション
    | FJ | 2011/12/28 10:54 AM |










    http://blog.t-kakehashi.com/trackback/1172177